水

ただの飲み物ではない!炭酸水の効果は色々とある

このエントリーをはてなブックマークに追加

体を健康にしてくれる

ウォーター

最近注目の水

水素水とは水素分子が含まれた水を指しており、濃度を表す単位はppmです。ただ、中に入ってる水素は空気中に逃げやすいので、販売メーカーは出来るだけ抜けないように工夫をしています。水素水は悪い活性酸素の除去してくれるとのことで注目が集まりました。活性酸素は人間には欠かせないものですが、悪い活性細胞が増えると細胞やDNAを傷つけてしまって廊下や病気の原因になってしまうのです。水素水は、その不必要に増えた活性酸素だけを体外に排出してくれます。水素水は家にいるとき・仕事中・レジャー先など普通の水と同じく飲むタイミングはいつでもいいです。飲みすぎるとお腹を壊してしまう可能性もあるので、飲み過ぎには注意です。

濃度は異なってくる

昨今では水素水の人気であることを察知したメーカーから相次いで販売されています。かといってすべての商品に効果があるとは限りません。水素水にも濃度があり、高ければ高い程効果をもたらします。例えば圧力を加えながら水素ガスを添加すると1.6ppm以上の濃度になります。濃い濃度を探してるなら1.6ppm以上の商品を選べばいいでしょう。水素水はペットボトルやアルミ缶など様々な容器で販売されています。出来るだけ逃がしたくないならアルミパウチ容器が適してるでしょう。アルミパウチは空気を抜くことができ、水素をなるべく逃がさず保存できます。しかし、どの容器であれ水素は空気に触れると逃げてしまうので早めに飲みきるようにしましょう。