水

ただの飲み物ではない!炭酸水の効果は色々とある

このエントリーをはてなブックマークに追加

沢山の水素を摂取する

レディ

少量飲めば良い

高濃度水素水とは、水素の含有量が多い水素水のことです。一般的には平地の気圧の中では水素の濃度は1.57ppmが限界だといわれていますが、流通している水素水の多くは1.2ppmのものがほとんどです。しかし高濃度水素水にはそれ以上の水素が含有されており、多くの水素を一度に体内に取り込むことができる点が人気となっています。高濃度水素水を製造するためには、特殊な装置が必要となります。なので、あまり多くの数が流通しているわけではありません。しかし、少しの水で多くの水素を身体の中に取りこむことが可能になっていますので、あまり多くの水を飲むのが得意ではないという人や飲む機会が少ないという人に適しています。

容器も大切

高濃度水素水は、ただ単に含有されている水素の量が多いからという理由だけで選択するのはやめておいた方が良いでしょう。これは封を開けてしまったり空気に触れていると、水素の性質により水に溶け込んでいる水素が次々に逃げてしまうということが理由になっています。気密性が高く、水素が逃げにくい素材で作られた容器に入っているものでなければ、水素を身体の中に取りこむことが難しいです。せっかく高濃度水素水を利用するのならば、その中の水素は身体の中にしっかりと取り込むようにしたいものです。水素が逃げにくいアルミパウチの商品や、自分で水素水を作ることができる商品を選ぶとよいでしょう。そうすることで、多くの水素を身体の中に取りこむことができるようになります。